光るスポーツ

line
RSLクオリティの秘密
line

RSLが、世界トップクラスのシャトルシェアを誇る理由。それは、「ただ単に高性能であるから。」ではありません。高品質、高性能であることは前提条件。最も大きな理由は、RSLシャトルの【品質安定性】にあります。つまり、他メーカー品と比べ、品質のばらつきが格段に少ないということ。RSLには、シャトル品質を圧倒的にコントロールできる秘密があるのです。
数あるバドミントンブランドの中で、RSLほどシャトルコックに特化したブランドはありません。RSLは、水鳥原毛の買い付け、羽根のカット・選別から、完成品になるまでの工程すべてを自社だけで完結することができる、非常に稀なメーカー。そのため、原材料の調達時点から品質管理をスタートし、シャトルが完成する最後まで、目を行き届かせることが可能なのです。
ちなみに、バドミントンメーカーのほとんどは、シャトル製造工場を持っておらず、委託製造(OEM製造)を行っています。品質コントロール能力に差が出るのは当然といえます。
シャトルコックに初めて2層構造(樹脂+パウダーコルク)特殊ベースを採用し、世界を変えたメーカー、それがRSLです。それまでは、天然コルクベースが主流。しかし、天然コルクには構造上の問題点がありました。内部の無数の気泡(穴)の場所や大きさにばらつきがあり、品質にムラがでやすく、ひび割れも起きやすい。
それを解決したのが、RSLの特殊コルクベース。品質の一貫性を可能にし、さらに耐久性能までアップさせることに成功したのです。現在、国際大会からチーム練習に至るまで、世界の主流は、特殊ベース(合成ベース)を使用したシャトルコックになっています。
シャトルコックという製品は、どれひとつとして100%同じものが存在しません。ひとつのシャトルに使われる16枚の羽根。極限まで同品質を追求するには、膨大な量の羽根が不可欠。業界では「水鳥原毛を制するものが、シャトルコックを制す」と言われるほどです。RSLは、世界市場の30%以上の原毛を掌握。世界で最も多くの水鳥羽根を調達するメガ・ファクトリーです。

注文方法