光るスポーツ

line
ラケット修理の始まり
line

思いをカタチに

店員   「あのう…、申し上げにくいのですが、ここにヒビが入っていてガットを張ることができそうにありません」

お客さま 「…そうなんですか(T_T)」

ガット張替専門店を開店以来、こんな会話が何度繰り返されたことか。

ガット張替技術の評判を聞きつけ、遠くから足を運んでくださるお客さまも少なくありません。

お気に入りのラケットにガットを張り替えてもらうことを楽しみにご来店頂いたにもかかわらず、こんな形でお引き取り願わなければならないとは、いつも心苦しい思いをしていました。

そんな時、
「ラケットを修理することも可能ですが、いかがでしょうか?」
と提案することができたら、なんと素晴らしいことかとずっと思い続けていました。

このような思いが長年の研究、実験を経て、カタチになりました。

それが光るスポーツの「ラケット修理」です。

もう「ガットを張ることができません」と言うことはありません。